「お遍路 韓国に広がれ」「お遍路をすれば日本の印象が変わる」とうたい韓国人向けのサイトを立ち上げたり、遍路道の案内用にハングルのオリジナルシールを作り、道沿いに貼るなどの活動で話題となったソウル市在住の崔象喜(チェサンヒ)さんが来週からお遍路の旅に出ることがわかった。
崔さんは四国遍路の巡拝を4回達成し、平成25年12月、初の外国人先達となっている。

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA