自民党の山田賢司衆議院議員が反対派から「ヘイトスピーチ」と呼ばれている街宣活動への対策を検討するプロジェクトチーム(座長・平沢勝栄政調会長代理)の会合で、規制論に真っ向から反論した。


あのーすいません、表現の自由というのはものすごく重要な問題なのでね、よくわかって議論しないといけない。
なんとなくね、ヘイトスピーチ、差別はダメダメだから規制しようという話しじゃダメなんですね。
それとこれ皆さん方、本当に考えて頂きたいのはね、情報戦、法律戦をしかけられているという観点が全く抜けてて、対処療法的にね、国連から文句を言われているから日本も対処しないと日本は人権侵害国だと思われるから対処しなければというのではなくて、日本を貶めるためにしかけられているんだという視点が全くなくて、外務省に考えて頂きたい。
はっきりと言えばいいんです。日本は人権を軽視する国じゃないと、人権侵害には厳重に対処してるんだと、一方で表現の自由に配慮しているとメッセージをバーンと出さないと。なんか防戦一方で。名誉毀損罪もあるし、侮辱罪もある、不法行為があったらちゃんと取り締まってるんだ。実際そういう裁判があったらきちんと取り締まられてるんだから。
その上で◯◯人というのは、抽象的なものについては、表現の自由があり、侵害されている保護法益が確かでないから、それは表現の自由に配慮していると言えば終わりじゃないの。今、粛々とね、人権侵害に対しては対処してるんだと言い返せばいいんですよ。
その上でね、国連にご注進している人権団体とははどういう団体か、ネットで調べればバート出てきます。ほとんどが朝鮮総連とか、朝鮮系の団体が言っている。ネットの情報を鵜呑みにして議論はいけないので、皆さん方に調べて頂いて、国連人権委に言ってる団体はこうなんですよと、この団体は背景はどうなんですよと、調べてやらないと。人権を言ってると、人権を考えているのか言うと、そうではなく、日本を貶めるために人権団体と言っているだけなんですね。本当に表現の自由を守るのだったら、名誉を守るのだったら、日本人の人権がこんだけ侵害されている、表現の自由を守るのだったら産経新聞の人とか拘束されるという話もあるけれど、大統領批判して捕まる、そんな国こそが人権侵害だと言い返すべきなんですね。
決して日本は人権を軽く考えているのではなく、既に粛々と対処していると言い返せばいい。

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA