韓国・李明博大統領に批判相次ぐ 
韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が、竹島問題や、
いわゆる「慰安婦」問題に加え、天皇陛下の訪韓に関連して、
日本への批判を強めていることについて、日本政府や与野党からの批判が相次いだ。
野田首相は
「理解に苦しむ発言で、遺憾であります」と述べた。
藤村官房長官は
「わが国政府から、韓国側には抗議を今、しているところであります。韓国側が非建設的な発言をされることは、日韓関係が関心を集める国際社会において、韓国ご自身のためにもならない」と述べた。
野田首相と藤村官房長官は、李大統領の発言を批判したうえで、一時帰国中の武藤韓国駐在大使らと対応を協議した。
自民党の安倍元首相は、李大統領を強く批判したうえで、これまでの韓国への「配慮」を意識した外交を転換する必要性を強調した。
自民党の安倍元首相は
「李明博大統領の竹島への上陸、陛下に関する発言は、常軌を逸していると思います。また、今までの自民党時代のですね、韓国に対する、ある意味、配慮に重きを置いた外交というものもですね、反省を込めて、われわれ、見直しをする時を迎えているのではないかなと思います」
と述べた。
(ニコニコ動画)

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA