2014年4月15日に生活保護費を不正受給したとして詐欺の疑いで大阪府警警備部に逮捕された、市民団体「友だち守る団」(2013年5月解散)の林啓一元代表が9月8日、自身のツイッターで、
『今回の事件を機に、これまで関西で共に闘ってきたカウンターの方々と一線を画して、今後どのようにあるべきかを考えたいとおもっています。最後にもう一度みなさんに。ご迷惑をおかけして、すみませんでした。』
とのコメントを発表した。
林元代表は凛七星と名乗り活動、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などの右派系市民グループに対抗するためとして、「友だち守る団」を結成、在特会などがデモを行う場所に行き、非難の言葉を浴びせていた。

---

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA