韓国の20歳の男性の45%が対人関係障害の可能性

Written by  on 6月 26, 2015 

このような数値は、米国や欧州諸国などの先進国と比較して2.54倍にもなる。
研究チームによると、人格障害は自分の性格に問題があることをよく知らない家庭と社会生活、対人関係に支障があり、周りの人が苦しいという特徴を持っている。また、自分の問題を他人や社会のせいに回して、極端な反応を見えるようになる。
このため、各種の犯罪や社会葛藤の根になることがあり、対策が急がれますが、まだこれに対する社会的認識が低く、適切な診断と治療が提示されていないということ。
研究チームはまた、今回の調査で、12個の種類ごとに人格障害の有無を測定した結果なのタイプ以上の人格障害が疑われる人がなんと71.2%だったと明らかにした。
この中には、過度に自分に執着して対人関係が下手な強迫性(49.4%)、問題の合理的解決と対人関係を気に回避性(34.7%)、自分のことしか知らない軽い刺激にも過剰反応し気まぐれがひどいヒステリー性(25.6% )、他の人々を絶えず疑うパラノイア(22.6%)などのタイプの順に多かった。
source:(google翻訳)http://japanese.donga.com/srv/k2srv.php3?biid=2003021117138
諸外国より人格障害の可能性の割合がはるかに高いという。

Category : 韓国

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA