韓国兵務庁が7月1日以降、兵役忌避者の情報を公開へ

Written by  on 5月 10, 2015 

兵務庁「2015年変わる兵務行政」を発表
兵役義務忌避者個人情報公開…
韓国の兵務庁が今年の7月1日以降、兵役を忌避した者の個人情報をインターネットのホームページ上に公開すると発表した。国外不法滞在者などが対象だという。

兵務庁は2015年1月14日、兵役義務忌避の個人情報などの公開、芸術剤の編入大会縮小整備などの内容を盛り込んだ「2015年変わる兵務行政」を発表した。
今年から兵役の義務を逃れするか、または避けるこれらの個人情報がインターネットのホームページに公開される。
国外不法滞在者、徴兵身体検査などの検査忌避、現役入営または社会服務召集忌避などが対象である。
兵務庁は、7月1日以降、兵役を忌避した彼らの個人情報を公開しことにした。
また、兵務庁は、代替服務制度の一つである、芸術剤の選抜条件となる大会の数を減らした。
従来は、国内外のアートマネジメント大会52大会139個部門で入賞した経歴がある場合、芸術要員に代替服務が可能であった、今後48大会119個部門入賞キャリアのみ反映される。
現役募集ボトルに支援面接や体力検査を受けることされた人も交通費支援を受けることができるようになった。
translate.google:edaily.co.kr(韓国語)

-link
韓国兵務庁(英語)
出生地主義の国に生まれ、出生により韓国国籍と他国の国籍の両方を持っていた場合。

A male dual citizen must choose one nationality by the end of March of the year he turns 18. If he fails to do so in time, he may choose (renounce) his nationality only after he finishes his military service or after he is exempted from military service.
http://www.mma.go.kr/eng/s_notice/notice/1211661_2577.html

男性の二重国籍者は、2015年3月末までに国籍を選択する必要があったのだという。

Category : 韓国

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA