タッキー&翼の今井翼が太ったと話題

Written by  on 11月 22, 2015

ta

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月21日放送の世界ふしぎ発見!にタッキー&翼の今井翼が出演。太って、顔だちが大きく変化していると話題に。翼ファンによるとメニエール病で休養して以降らしい。
(今井は2014年11月に体調不良で検査入院。メニエール病と診断され、一時休業し、2ヶ月程療養生活を送っていた。)
東京・高円寺の井上耳鼻咽喉科のサイトによると、『メニエール病の原因はずばり「内リンパ水腫(内耳のリンパが増え、水ぶくれの状態)」です。その根底にはストレス・睡眠不足・疲労・気圧の変化・几帳面な性格などがあると考えられています。』とのこと。

+関連記事
番組内でメジャーでKis-My-Ft2の玉森裕太の身長測定 結果は175.5cm

自民党の国防部会 予備自衛官雇用で法人税控除案

Written by  on 11月 22, 2015

40
自民党の国防部会は11月17日、有事の際などに一時的に自衛官として活動する予備自衛官などの雇用を増やした企業に対し、法人税控除を行う税制改正の要望案を了承した。(日テレNEWS24,2015年11月17日 )

 

 

 

 

予備自衛官
予備自衛官とは、ふだんは社会人や学生としてそれぞれの本文を持ちながら、一定の日数の訓練を受け、有事の際には、防衛招集や災害招集などに応じて自衛官としての任務に就く“非常勤の自衛隊員”(非常勤の特別職国家公務員)。訓練や招集に応じて手当が支給される。

北海道で「パーラー太陽」というパチンコチェーン店を経営する太陽グループという企業が、即応予備自衛官を警備隊員として採用し、安全確保に取り組んでいるそうです。

パチンコ店には特殊な機械を用いてパチンコ玉を不正に出すゴト師と呼ばれる集団が入り込むことがあります。また近年、全国的に拳銃発砲事件や置引き、暴力行為などの犯罪も増え続けています。太陽グループでは、このような犯罪からお客様と社員を守ることが最も大切なことだと考えました。そして、平成10年4月より即応予備自衛官によって構成された警備隊を組織し、安全確保に正面から取り組んでいます。さらに、凶悪化する犯罪に立ち向かい、より安全にお楽しみいただけるホール運営のために平成14年9月、北海道公安委員会の認定を受けた株式会社太陽ミリタリーセキュリティとして独立しました。
http://www.taiyogroup.jp/about/military/

ストリート・ハラスメント=路上で見知らぬ他者から受けるジェンダーにまつわる嫌がらせ

Written by  on 11月 22, 2015

ストリート・ハラスメントとは路上などの公共の場で他者から受けるジェンダーにまつわる嫌がらせのこと。路上におけるセクハラのようなもの。
以下は米・ニューヨークにおけるストリートハラスメントを世界に知らしめた動画。
動画制作会社がストリート・ハラスメント問題の実態を明らかにしようと考え女優の女優のショシャナ・B・ロバーツさんの協力を得て撮影し、公開した。
タイトル“10 Hours of Walking in NYC As a Woman”(女性がニューヨークを10時間歩いたら)

[10 Hours of Walking in NYC as a Woman]

余命三年時事日記が青林堂から出版へ

Written by  on 11月 21, 2015

保守系の人気ブログ余命三年時事日記が単行本として青林堂から出版される。著者名義は余命プロジェクトチーム。
発売開始日は2015年12月17日。
net

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[sinkan.net]

青林堂からはシリア難民を揶揄した表現が一部で批判を浴びたはすみとしこ氏の処女作も『そうだ難民しよう!はすみとしこの世界』というタイトルで出版されることが決定している。
amazon:そうだ難民しよう! はすみとしこの世界

山崎春美率いるバンド「TACO」が再始動 香山リカも参加

Written by  on 11月 21, 2015


山崎春美率いるバンド「TACO」が再始動していた。山崎春美は当時医大生だった香山リカをライターデビューさせ、彼女のペンネームの名付け親となったことでも知られる。その香山リカ医師もTACOメンバーとして演奏するため練習に励んでいるという。
出演
TACO、ガセネタ
山崎春美、遠藤ミチロウ、戸川純、野々村文宏、香山リカほか・・・

“2015年11月17日、故・大里俊晴(1958〜2009/音楽家、音楽批評家)の七回忌にコト寄せて。たくさんの死者たちとともに、三途の川っ縁を挟んでの壮絶にも一夜限りの宴を繰り広げます。題して略せば、シンダコ。”

80年代前半に「天国注射の昼」「自殺未遂ライブ」などで日本の初期のオルタナティブミュージックシーンに伝説を残した「TACO」とその前身の「ガセネタ」のオリジナルメンバーである乾純、そして遠藤ミチロウ、工藤冬里、佐藤薫、野々村文宏、向島ゆり子などが、インディーズロック発祥のライヴハウスともいえる「新宿LOFT」に結集し、大里ら他界したメンバーにイタコよろしく憑依して、アルバムの全曲を演奏する。ロリータ順子のパートは当時彼女と交遊があった戸川純が歌い、山崎春美が芸名を命名した香山リカも出演する。
loft-prj.co.jp


[山崎春美feat.久堀瞳]

ミュンヘン五輪韓国代表の長州力が帰化申請

Written by  on 11月 20, 2015

ch

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミュンヘンオリンピック(1972)にレスリングの韓国代表として出場していることで知られるプロレスラー長州力(63)が現在、日本へ帰化申請中だという。本人は著書の中で「ぼくは90%日本人です」、夕刊紙のインタビューで、帰化したら何かが変わると思いますか?との問いに「う~ん、色が変わるだけかな。パスポートの色が変わるだけ」と答えている。しかし、ある行政書士は年齢、離婚歴、負債等の理由で『帰化するのが一番難しいパターン』とコメントしており、認められない可能性も高いようです。

長州はノンフィクションライター田崎健太氏筆の伝記本『真説・長州力 1951-2015』(集英社インターナショナル)で、半生を告白し、話題となっている。
真説・長州力 1951‐2015

2015年7月より急性白血病で療養中だったロックバンドnurmuttのGt.Vo. ヌマタユウキ(沼田 祐輝)さんが死去

Written by  on 11月 20, 2015

京都のロックバンドnurmuttのギターボーカルでありリーダーも務めていたヌマタユウキ(沼田祐揮)さんが逝去。享年29歳。

訃報のお知らせです。
平成27年11月19日 4時42分
長年一緒にバンドで音楽を奏でてきたnurmuttのギターボーカル兼リーダーである
沼田 祐輝 享年29歳が病気により永眠されました。
通夜、告別式が執り行われますので、
ご冥福をお祈りし、謹んでお知らせ申し上げます。
一、通夜式
11月20日(金) 18時受付 19時〜
二、葬儀告別式
11月21日(土) 9時受付 10時〜
場所:
公益社 西ブライトホール
京都市右京区西院西溝崎町14
TEL(075)322-0042
http://www.koekisha-kyoto.com/blight_hall/nishi.html
ご出席の方は人数確定の為、ご連絡お願い致します。
ご遺族の意思により、御香典・御供花の儀は固くご辞退申し上げます。
宜しくお願い致します。
nurmutt
ギターボーカル 村田 行信
ドラム 金倉 彩乃
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=881771418586225&id=100002601250485

‎ヌマタさんは2015年7月に急性白血病と診断されたことを受け、療養生活に入り、nurmuttは、2015年7月21日をもって無期限の活動休止となっていた。



[nurmutt「水玉模様」]