『有事の際に、自衛隊の活動等で、国民の基本的人権が一時制約』される理由

Written by  on 4月 21, 2015 

国家が崩壊したら、国民の人権が担保されなくなるから。

「有事の際に、自衛隊の活動とか国の活動において、皆さんの国民の権利、基本的人権が一時制約されるのではないか、ということです。これは制約されます。
国家が崩壊したら、彼らの人権を誰が担保するんですか。権利を担保する国そのものが存続の危機を迎えている時には、それは当然、ある程度我慢をしなければならない。そういう理屈が当然だと思う」(安倍官房副長官,「サンデー毎日」2002年6月2日号)

Category : 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA