金融庁が11月20日、韓国金融当局との間で金融の検査・監督分野の協力に関する覚書に署名したことを発表した。

平成26年11月20日 金融庁
1.平成26年11月20日、金融庁は韓国金融委員会(FSC)及び韓国金融監督院(FSS)との間で金融監督分野の協力に関する覚書に署名を行いました。

2.本覚書の署名は、世界の金融市場の益々のグローバル化を踏まえ、健全な金融規制の仕組み及び金融市場の発展に資するため、両当局の協力関係を強化することを目的としています。

3.本覚書の署名に基づき、両当局の協力を今後も継続強化させてまいります。
http://www.fsa.go.jp/inter/etc/20141120-2.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA