“ミンス”は嫌韓レイシズムから生まれたスラング(C.R.A.C.野間氏)

Written by  on 12月 23, 2014 

“ミンス”はコリアンに対する差別表現
社民党ファンが立ち上げた勝手連「社民党サポーターズ」のツイッターアカウントが11月19日、
『アホじゃなかろか、ミンス党!って言いたいよね。』
とつぶやいたところ、C.R.A.C.(しばき隊の後継団体)の野間易通氏が、
『レイシストのジャーゴン使うのやめろ。』
と噛み付いた。
野間氏の見解によると、
『「ミンス」は、ネトウヨの考えた「民主」の朝鮮語読み。しかも実際の朝鮮語とは発音が違うデタラメ。嫌韓レイシズムから生まれたスラング』
とのこと。
これに対し、同アカウントは
『民主党に対して大変失礼な表現を致しまして申し訳ありませんでした。』
直ちに謝罪した。
『問題は「民主党に対して失礼」だったことではなく「コリアンに対する差別表現」だったことなので、その点認識を深められることを希望します。「ミンス」という揶揄が貶めているのは民主党ではなくコリアンルーツの人々です。』(野間氏のコメント)

Category : 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA